読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WordPressをローカル環境で動かす方法/Mac編

Web開発環境を整え、WordPressをローカル環境で動かすための手順を備忘録として残しておきます。OSはMac OS Xです。

 

目次

 

開発環境を整える 

WordPressの動作環境は次のようになっています。

f:id:sakuralego:20170208094952p:plain

PHPはプログラミング言語、MySQLはデータベースのことですが、PHPはWebサーバー上でしか動かないので、ローカル環境で動かしたい場合、PHPとMySQLのほか、Apache(アパッチ)というWebサーバのソフトを自分のパソコンにインストールする必要があります。

そこで、MAMPというApache、MySQL、PHPがパッケージされたフリーソフトを導入します。

 

MAMPのインストール

まず、MAMPのダウンロードページから最新版をダウンロードします。

MAMP & MAMP PRO 4.1と有料版のMAMP PROについても併記されていますが、これで大丈夫です。

f:id:sakuralego:20170208092024p:plain

 

 ダウンロードできたらインストーラーを起ち上げます。

f:id:sakuralego:20170208092600p:plain

続けるをクリックしていきます。

f:id:sakuralego:20170208092627p:plain

f:id:sakuralego:20170208092645p:plain

同意するをクリック。

f:id:sakuralego:20170208092717p:plain

無料版だけを使いたいので、カスタマイズをクリック。

f:id:sakuralego:20170208092907p:plain

MAMP PROのチェックを外して、インストールをクリック。

f:id:sakuralego:20170208093130p:plain

コンピュータアカウント名(ユーザ名)とパスワードを入力して、ソフトウェアをインストールをクリック。

f:id:sakuralego:20170208093321p:plain

インストールが完了したら閉じるをクリック。

f:id:sakuralego:20170208093431p:plain

 

MAMPの起動

LaunchpadからMAMPを起動します。

f:id:sakuralego:20170208093757p:plain

サーバを起動をクリック。

f:id:sakuralego:20170208093947p:plain

許可をクリックすると、ApacheサーバーとMySQLサーバーが動きます。

f:id:sakuralego:20170208094053p:plain

 

MAMPの設定

初期設定時のドキュメントルートは、「Machintosh HD /Applications/MAMP/htdocs/ 」になっています。つまり、「 /Applications/MAMP/htdocs/index.html」というファイルは、「http://localhost:8888/index.html」に対応しています。
そこで、この「8888」というポート番号を変更します。

MAMPのPreferences...をクリック。

f:id:sakuralego:20170208111402p:plain

Preferences..のスタート画面のCheck for MAMP PROを外しておきます。(今回の手順には関係ないけど)

f:id:sakuralego:20170208111752p:plain

すぐ隣のPortsというタブを開き、Set Web & MySQL port to 80 &3306をクリックして、okを押します。

f:id:sakuralego:20170208111926p:plain

これで「 /Applications/MAMP/htdocs/index.html」というファイルが、「http://localhost/index.html」に対応するようになりました。「http://localhost」で次の画面になれば大丈夫です。

f:id:sakuralego:20170208112312p:plain

 

MySQLの設定

次はWordPressに必要なデータベースを作成します。

Open WebStart pageを開きます。

f:id:sakuralego:20170208112916p:plain

ツールからphpMyAdminを選択。

f:id:sakuralego:20170208113111p:plain

データベースのタブをクリック。

f:id:sakuralego:20170208113243p:plain

任意の名前でデータベースを作成します。わたしはwordpressにしました。

f:id:sakuralego:20170208113457p:plain

 

WordPress

公式サイトからWordPressの最新版をダウンロードします。

f:id:sakuralego:20170208104207p:plain

WordPressの設置

WordpressフォルダをフォルダごとMAMPの中の「htdocs」にコピペします。アプリケーション > MAMP > htdocs という階層になっています。

f:id:sakuralego:20170208104718p:plain

 

WordPressのインストール

http://localhost/wordpressにアクセスします。

さあ、始めましょう!をクリック。

f:id:sakuralego:20170208112454p:plain

 WordPressで使うデータベースの情報を入力します。

f:id:sakuralego:20170208113817p:plain

データベース名は先ほど作ったデータベース名です。ユーザー名とパスワードは、Open WebStart pageをクリックしてアクセスしたMAMPのようこそページに書いてあります(通常、両方ともrootになっているはず)。

f:id:sakuralego:20170208113935p:plain

送信を押すと次のような画面になるので、インストール実行をクリック。

f:id:sakuralego:20170208114111p:plain

必要情報を入力してWordPressをインストールします。

f:id:sakuralego:20170208114344p:plain

ログイン後、WordPressのダッシュボード画面が表示されるので、これでおしまいです。